痴漢えん罪を疑われたときに有効な4つの対処法とは?

痴漢えん罪の対処法
痴漢に間違われた人はどうすればいいんだろう?

リミナ

エル

今回は「痴漢えん罪に巻き込まれたときの4つの対処法」について解説するよ!

痴漢えん罪を疑われた場合の対処は?

痴漢えん罪が発生するのは、電車内などで痴漢の被害を受けていた女性が、電車内や駅のホームなどで犯人と思った人を捕まえたときに、犯人を間違えてしまったときが多いです。そして、被害者の女性に痴漢行為をしたと言われた痴漢行為などしていない男性は、流れのままに駅事務室まで行ってそのまま逮捕されてしまいます。

痴漢えん罪の被害にあった人は、痴漢行為は一切行っていません。そのため、「駅事務室まで行って、警察官や駅員などに間に入ってもらい、相手の女性にしっかり説明すればわかってもらえるはず」などと考え、駅事務室まで素直に行ってしまいます。

しかし、女性に「この人、痴漢です!」などと言われて、痴漢の犯人と扱われてしまった時点で、私人による現行犯逮捕されたことになります。また、駅員としても、痴漢の容疑者を駅事務室まで連れてきた場合には、警察に引き渡すという運用となっています。

そのため、痴漢えん罪に巻き込まれてしまった場合に、駅事務室まで行くと話し合いの場などはまったくなく、すぐに警察官に引き渡されて、最寄りの警察署まで連行されることになり、そのまま身柄拘束されてしまうことになってしまいます。

身柄拘束されてしまってから対応をするよりも、痴漢えん罪に巻き込まれたらすぐに、電車内やホーム上で適切に対処することが重要です

エル

ここから様々な対処法が有効かどうかを解説するよ!

痴漢冤罪を回避するための予防策は、こちらの関連記事で解説しています。

痴漢えん罪痴漢えん罪を回避するための予防策とは?

逃げ出すのは有効な対処法?

駅事務室まで行ってしまうと、ほとんどの場合、そのままの流れで身柄拘束まで進んでしまうと解説しました。そこで痴漢えん罪対策として、痴漢で間違われた場合に走って逃げ出すという対処法が考えられます。

女性に痴漢だと言われてしまった時点で、周囲の人からも痴漢ではないかと思われてしまいます。そんな状況で逃げ出すと、余計に痴漢の疑いは強まりますし、周囲の人に取り押さえられてしまう可能性もあります。

その場から完全に逃げ切ることができればいいかもしれませんが、監視カメラの映像などの証拠から後日逮捕された場合には、逃走したことが痴漢の真犯人である証拠の1つになってしまいます。また、逃げ出した後に逮捕された場合には、逃亡の可能性が高いとされ、勾留される可能性もかなり高くなります

さらに、相手の女性や周囲の乗客などが捕まえようとしているのに対して、強引に振り払って逃走した場合には、他の人に怪我を負わせてしまう可能性もあります。そうなると、痴漢ではなく、傷害罪などの犯罪が成立し、そちらで逮捕されてしまうという可能性もあります。

このように、痴漢に間違われたときに、逃げ出すという対応はあまり有効とはいえません

痴漢を疑われて、線路に逃げた人も捕まってたもんね

リミナ

エル

電車を止めると損害賠償請求される可能性もあるよ!

名刺を渡して立ち去るのは有効な対処法?

逃げ出すのは得策ではないため、名刺を渡して立ち去ることが有効であるというのは本当でしょうか?

名刺を渡して立ち去ることができると言われる根拠としては、刑事訴訟法217条で氏名や住所を伝えていれば現行犯逮捕はできないというものです。

しかし、痴漢行為の刑罰は、強制わいせつ罪の場合は「6月以上10年以下の懲役」、迷惑防止条例違反の場合、東京都などで「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」と定められており、刑事訴訟法217条の対象外です。

痴漢痴漢は何罪になる?~強制わいせつ罪と迷惑防止条例違反の違い

刑事訴訟法217条
30万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、2万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪の現行犯については、犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃亡するおそれがある場合に限り、第213条から前条までの規定を適用する。

このように、名刺などを渡して氏名や住所を明らかにしたとしても、その場から立ち去ることのできる法律的な根拠はありません。被害者女性なども、これで納得して立ち去らせてくれる可能性は低いでしょう。

また、名刺などを渡して無理やり立ち去ろうとした場合には、無理やり逃げ出すことと同じになってしまいます。名刺などを渡しているため、その後通常逮捕される可能性が高いでしょう。

上手く被害者女性を納得させることができて、穏便に立ち去ることができた場合には有効な対処法になりますが、多くの場合には、名刺を渡して立ち去るというのは有効な対処法にはならないでしょう。

名誉棄損で訴えると言うのは有効な対処法?

痴漢えん罪に巻き込まれてしまいそうな場合に、相手の女性に「名誉棄損で訴えるぞ!」と強く言うことは、有効な対処法になるでしょうか?

たしかに、多くの人の前で「この人、痴漢です!」などと言う行為は、名誉毀損罪に該当する可能性があります。しかし、示談金目的で痴漢をでっち上げているような場合でなければ、痴漢を指摘した行為で名誉毀損罪で罰せられる可能性はほとんどないでしょう。

逆に、痴漢と間違えているのではなく、示談金目的で明らかに周りの乗客と手を組んでいると感じた場合には、「これ以上言うと、名誉棄損で訴えるぞ!」などと言うことで相手がひるむ可能性もあります。

ただし、痴漢えん罪事件であっても、被害者女性がでっち上げているケースは少なく、痴漢の被害にはあったものの犯人を捕まえるときに人違いをしてしまうケースが多いです。このような場合に、名誉毀損で訴えると言ったとしても効果はあまりないでしょう。

そのため、痴漢に間違われたときに、名誉棄損で訴えると言うことも、あまり有効な対応策とはいえません。ただし、しっかりと痴漢行為を否定することは有効です。

女性が本当に犯人だと思ってたら、印象が悪くなるだけだね

リミナ

微物検査・繊維鑑定・DNA鑑定などは有効な対処法?

痴漢えん罪の対処法として、微物検査・繊維鑑定・DNA鑑定などを求めることは、有効な対処法になるでしょうか?

微物鑑定・繊維鑑定とは、手のひらなどから粘着テープなどで繊維などの微物を採取しこれを分析することで、痴漢の容疑者が被害者に痴漢行為をしたかなどを分析することです。もしも、被害者女性が触られたと証言している部分の繊維と同一のものが検出されなかった場合には、無実を証明するための証拠の1つになります。

DNA鑑定は、被害者女性の衣服から容疑者のDNAが検出されるかどうかを調べるものです。自分のDNAが検出されなかった場合には、これも容疑を晴らすための証拠の1つになります。

判例では、微物検査・繊維鑑定が無実を証明する証拠となるためには、逮捕直後に行われたものである必要があるとされています。また、最近は警察も痴漢えん罪に慎重になってはいますが、警察は被害者側に立つことが多く、微物検査・繊維鑑定をやりたがらない場合も多いです。

そのため、痴漢に疑われた場合は、微物検査・繊維鑑定をすぐにやるように求めることが重要です。また、微物の採取をされるまでは、できる限り他のものには触らないように注意しましょう。

微物検査・繊維鑑定・DNA鑑定は有効なんだね!

リミナ

目撃者を探すのは有効な対処法?

痴漢えん罪に巻き込まれてしまったときに、周囲の乗客から目撃者を探すという対処法は有効でしょうか?

示談金目的で女性と組んで、痴漢犯人をでっち上げるような事件もありますが、多くの場合は、女性は実際に痴漢被害を受けており、犯人を捕まえるときに勘違いや間違いが生じてしまうことがほとんどです。

通勤・通学途中の電車内で痴漢に間違われてしまった場合、電車内には多くの乗客がいるはずです。周りの乗客に声をかけて、痴漢の現場を目撃しており犯人が別にいることや、自分が触っていないことなどを証言してくれる人を見つけることができる可能性は十分あります。

もしもこのような目撃者の証言が得られた場合には、被害者女性も間違えたと思ってくれる可能性も高いですし、目撃者を探している様子をみて犯人を間違えたかもしれないと思ってくれる場合もあります。また、逮捕された後で不起訴獲得や無罪獲得を目指す場合にも、目撃者は有効になります。

埼京線などでは電車内に防犯カメラが設置されていますが、満員電車では効果を発揮できる可能性は低いです。そのため、目撃者を探すことは、痴漢えん罪の対処法として有効といえるでしょう。

録画・録音は有効な対処法?

痴漢に間違われたときに、録画・録音をすることは有効でしょうか?

まず、録画・録音をすることは法的に問題ある行為ではありませんので、堂々と録画・録音をして問題ありません。ただし、痴漢に間違われたことの腹いせで、YouTubeやTwitterなどのSNSに動画・音声をアップするようなことはやめましょう。

録画・録音をすることの意味としては、自分と女性の主張を記録しておくことです。女性が嘘をついている場合には矛盾が出てきますし、嘘を付いていなくくとも人間の記憶は変わってしまうこともあり、はじめから痴漢を否認していたことなども、しっかりと記録しておくことが重要です。

また、動画をとっていた場合には、周囲の乗客も写っていると思いますので、目撃者探しなどに役立つ場合もあります。

そのため、録画・録音をすることは、痴漢えん罪の対処法として有効といえるでしょう。

弁護士に連絡するのは有効な対処法?

痴漢えん罪に巻き込まれたときに、弁護士に連絡をとることは有効な対処法になるでしょうか?

痴漢に間違われてしまった場合には、自分の身を守るためにも、電車内であってもすぐに弁護士に電話をして、この後どのような対処をすべきか、アドバイスを求めることが重要です。

また、痴漢事件では被害者女性が容疑者を現行犯逮捕する場合が多いです。痴漢の直後ではなく駅についてからなどのタイミングで現行犯逮捕している場合には、警察官などに現行犯逮捕をする要件を満たしてないと主張して、身柄拘束をされずに済む可能性もあります。

痴漢の容疑で逮捕された後には、自分で弁護士を選ぶことは難しいですので、駅事務室などに行く前に弁護士に連絡をとるようにしましょう。また、逮捕された場合であっても、弁護士に相談しておくことで、その後の対応も弁護士に任せることができます。

不起訴処分を目指す、無罪を目指すなど、どこを目的にするとしても弁護士への相談は必要になりますので、弁護士への連絡は有効な対処法になります。そのため、弁護士になるべく早く刑事事件に強い弁護士に連絡することをおすすめします。

痴漢えん罪の対処法

  • 微物検査・繊維鑑定・DNA鑑定をすぐにするよう求める
  • 周囲の目撃者を探す
  • お互いの主張などを録画・録音する
  • すぐに弁護士に連絡する

エル

一番の対処法は、弁護士に連絡することだよ!